にんにく栽培 五週目

農業

にんにくを植えてから五週間がたちました。かなりの芽が出始めてきました。約8割でしょうか数えてみましたが60本の芽が出ていました。あと2割はまだ土の中でしょうか、今月には芽を出して欲しいです。秋が深まってきましたがまだまだ雑草が伸び始めているため、今日は本格的に除草作業をしてみました。

除草作業

前回は簡単にやったため気がつきませんでしたが、今回の様にじっくり除草して1時間掛かりました。面積は1mX3mくらいしかありません「もし数が増えたら一体どれくらい掛かるんだろう?」

ちなみににんにく80本成長しているとして収穫できるのは60鱗球くらいになるのでしょうか鱗球5個の鱗片あるとすると来年は300個の鱗片が増えそうです。今の草むしりも5倍の5時間掛かってしまうのでしょうか?おがむく身長が175cmあるためしゃがみ仕事は結構しんどいです。年の割にはまだ腰は丈夫ですが、今日の1時間で腰が痛かった・・5時間はできれば避けなければなりません。

来年の検討
  • 除草剤 にんにく用の除草剤は存在するができれば使いたくない
  • 耕耘機で除草 残念ながら実家にありません 買うと10万くらい不採用
  • 放置 自然に逆らわず何もしない 楽だけどだめな気が
  • 除草鍬 写真はありますがどんな感じか気になります 3,000円~5,000円くらい
  • マルチ お金がかかるが除草は少なく住む

検討の結果マルチを張るのが一番簡単で楽かもしれません。価格も2,000円くらいで買えます。実家にマルチを張る機械もあったので使えそうです。でもまだ手でできる範囲かもしれません。来年はマルチ手作業で採用です。

しゅなちゃん
しゅなちゃん

今年成功したらでしょ!!

去年は20鱗片くらいしかなかったので気がつきませんでしたがまた増えれば増えるほど悩みは増えるような気がしています。

まとめ

除草作業で時間が掛かるのは分かっていました。ただ、今後数を増やして行くにはそれなりに費用も必要になってきます。資金も踏まえで検討しないといけないです。いろいろなブログを見ると農業を初めて人生変わった見たいな華やかなブログは見ますが、それはきっとごく一部でほとんどはうまくいっていないと感じます。農家の方に言わせれば「そんなに農業は甘くない」「サラリーマンには農業はできない」とよく言われます。まずは、会社を辞めて夢の農業生活を夢見るのではなく、家庭の食費の足しになれば程度で始めるのが一倍良いのかもしれません。それでもうまくいくならば少しずつ生産量を増やせば気づく頃にはたくさんになっているかもしれません。

にんにく栽培 六週目
にんにく栽培そろそろ冬が近づいてきました。今後何をやっていくか考えようと思います。
にんにく栽培 四週目
にんにく栽培四週間目の畑の状況と問題、ぼかし肥料の追肥作業の紹介

コメント