【2018年11月】年間5,000円以内WordPressが使えるレンタルサーバー

パソコン アイキャッチ用 レンタルサーバー

2018年10月おがむくも独自ドメンを使用したWordPressブログを始めようといろいろ検索しておりました。遙か昔にはInfoseekでホームページも作ったり、その後もライブドアブログYahoo!ブログSeesaaなどいろいろやってきました。その当時は記録としてのブログや趣味のランキング上位になりたいような内容で特に収入を意識した内容ではありませんでした。新たに始めるに当たり収益を意識したブログを作ろうと1からの情報収集を始めたところ

  1. ブログはWordPressがいい
  2. 無料ブログは収益が見込めない
  3. Googleアドセンス(広告メーカー)は無料ブログには広告を載せられない
  4. 独自ドメイン、有料レンタルサーバーの投資が必要

ここを最低でも押さえておかないと記事を書くことも始められません

レンタルサーバーの選び方

単純に考えて2パターン

  • 初めてなのでコスト重視で始める
  • 将来を見越して性能重視のサーバーを選ぶ

これに限ります。

コスト重視レンタルサーバーのメリット,デメリット

メリット

  • 投資が少ない分失敗しても後悔しない
  • サーバーを複数持つことも可能

デメリット

  • もし人気サイトになった際にサーバーが遅延してしまい閲覧者の離脱が増えてしまう。
  • サーバー遅延がGoogle検索順位を下げてしまい訪問者が減ってしまう。
  • サーバー自体が遅いため写真等も綺麗な物が出せない
  • データーバックアップ未対応
  • トラブル対応も良くない
性能重視レンタルサーバーのメリット,デメリット

メリット

  • どんなに閲覧者が来てもレスポンスに影響されない
  • 遅延によるGoogle検索順位を下げることがない
  • 便利プラグインをたくさん入れても遅くならない
  • 万が一のバックアップ機能あり
  • もしもの時の対応も素早い
  • 「高かった」からと継続のモチベが高まる

デメリット

  • 失敗の時の出費もでかい
しゅなちゃん
しゅなちゃん

じゃどうしたら良いの?

性能重視のサーバーでこれならいけそうなら迷わず性能重視をおすすめします。

性能重視サーバー

順位がついていますが甲乙付けがたいです。順位は無視で!!

"/

"/

"/

契約は自己責任でお願いします。

コスト重視サーバー

性能よりまずコスト 人気が出たら引っ越しすれば良いじゃんって方はこちらです。かなりおがむく独断評価です。

"/

"/

"/ "/ "

契約は自己責任でお願いします。

 

6 バリューサーバー
7 WebARENA SuiteS
8 JETBOY
9 フレンドサーバー
10 99YENレンタルサーバー

こちらの順位も金額ベースでの評価です。キャンペーン等で変わる可能性もあります。また、確認不足による間違えもあるかもしれません。おかしいところがございましたらご連絡お願いします。

まずは悩まず記事で悩みましょう!!!

【2018年12月】年間5,000円以内WordPressが使えるレンタルサーバー
2018年12月のWordPressが使えるレンタルサーバーの紹介です。コスパ重視から性能重視までいろいろなメーカーをご紹介。2カ月運用してみての途中結果の報告もあります。
【2018年10月】年間5,000円以内WordPressが使えるレンタルサーバー
WordPressブログを始める為に、まずやらなければならないレンタルサーバー選び 学生、サラリーマン、主婦と始める人はいろいろ 本当にブログ運営がうまくいくかも分からない・・・・ それならば、まずは安いレンタルサーバーで...

コメント