【2018年11月】独自ドメイン取得会社の料金比較

レンタルサーバー

ドメンインとは

ドメインとはインターネット上における自分の住所を示すものです。住所はほかの人と重なることはありません。個々に別々のものを使用します。名前は先着順。空いているドメインに対して、ドメイン登録代行会社を通じて取得します。サーバーによっては提供ドメインを無料で使用することも可能です。

独自ドメイン 好きな名前○○○.com

好きな名前○○○.net

提供ドメイン 好きな名前○○○.サーバー会社.jpなど

しゅなちゃん
しゅなちゃん

じゃ無料ブログで良いのでは?

2018年7月24日より配信が開始された「Google Chrome」の最新版(バージョン68)より、安全性が低い通信を行うWebページ(http:/)ではアドレスバーの左側に「保護されていません」という警告が表示されるようになりました。(https:/)接続であればTLS(SSL)によって通信中のデータが暗号化され「保護された通信」というメッセージが表示されます。現在の無料サーバーでは(https:/)接続変更が急務になっています。さらにGoogle アドセンスを受けるための条件として、独自ドメインの所有が必要となっています。無料ブログサイトも順次変更準備を進めていますが今後収益を目的にサイトを運営していくためには広告等もない独自ドメイン、レンタルサーバーをおすすめします。他にもSEO効果が高いことでSEOとは”Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)”の略です。Googleなどの検索サイトにいかに上位に表示されるかのことです。上位に表示されれば訪問数も増え収益に貢献します。検索して2.3ページまでの閲覧が多いとされています。

独自ドメイン取得会社の料金比較

注意ポイント

  • まずはサーバーメーカーがドメインサービスをやっていないかチェックしましょう。お得なプランもあります。
【2018年11月】年間5,000円以内WordPressが使えるレンタルサーバー
WordPressブログを始めるには、まず最初にやらなければならないことはレンタルサーバーをどこにするか決めるところから始まります。最新版の安くておすすめなサーバーをご紹介します。
  • ドメインメーカーのリスク管理:サーバーは変更できますがドメインはメーカーが倒産してしまうと自分のドメインを使うことが困難になってしまいます。価格が許す限りブランドメーカーを選びましょう
  • 初年度価格だけで決めない:運営を続ける限り支払わなければならない経費ですトータルコストで検討しましょう。

"/ "/ "/ "/ "/ "/

こちらの順位は独自評価です。キャンペーン等で変わる可能性もあります。また、確認不足による間違えもあるかもしれません。おかしいところがございましたらご連絡お願いします。

ドメインメーカーに時間をかけずドメイン名に時間をかけましょう!!!

【2018年12月】独自ドメイン取得会社の料金比較
【2018年12月版】新しくwordpressを始める際に必要な独自ドメインの選び方と各メーカーの料金比較
【2018年10月】独自ドメイン取得会社の料金比較
2018年7月24日より配信が開始された「Google Chrome」の最新版(バージョン68)より、安全性が低い通信を行うWebページ(http:/)ではアドレスバーの左側に「保護されていません」という警告が表示されるようになりました。(...

コメント